株式会社ヒューマンテクノシステム横浜事業所

事業概要
SVG Image
SES人材支援
● SES(システムエンジニアリングサービス System Engineering Service)とは
システムやソフトウェアの開発・運用などで行われる委託契約の一種で、対象物の完成などを目的とせずに特定の業務への技術者の労働の提供を行う契約です。
提供元企業の従業員が客先のオフィスに常駐して技術的なサービスを提供するものです。
労働法規などでは業務請負の一種とみなされ、労務管理や指揮命令系統などが発注元企業から独立している必要があります。
● 株式会社ヒューマンテクノシステム横浜事業所のSES人材支援は
・独自人脈により経験豊富な技術者を継続的に採用又は契約しています。
・技術者と本社スタッフの定期的な情報交換会により計画的な提案を心がけています。
● 株式会社ヒューマンテクノシステム横浜事業所の人材スキル
システム開発業務(オープン系、汎用機系):
 VB、ASP、Java、C、C#、.NET、PHP、UNIX、LINUX、Oracle-SQLを使用したOPEN-WEB系アプリケーション開発業務
 IBM他メインフレーム汎用機のOSでCOBOL開発支援及び保守運用支援
 生保、損保、銀行、証券、クレジット等の金融系及び人給、会計等の業務系

ERP導入支援業務:
 SAP(FI/CO/SD/MM/Basis)アプリコンサル業務
 大手企業向けERPパッケージ開発~導入支援業務

基盤構築、運用、保守業務:
 UNIX、AIXサーバー、Windowsサーバー構築
管理技術
IP-ASGUIDE
● 株式会社ヒューマンテクノシステム横浜事業所の管理技術(IP-ASGUIDE)
製造現場における生産管理上の様々な問題を「ASGUIDE」手法により分析・診断し、正しい方法手順を設計の上、運用定着化により利益率を5割アップさせる業務再構築(BPR)体型です。

※ASGUIDEとは㈱管理技術ラボの登録商標です。管理技術に基づく分析・設計・定着化・効果測定技術のメソッド&ツールです。
● 株式会社ヒューマンテクノシステム横浜事業所 ワンストップ・ソリューション
業務再構築(BPR)に必要な管理技術等を「IP-ASGUIDE」にてご提供いたします。
「IP-ASGUIDE」を導入する際に必要となる人材の供給まで「ワンストップ・ソリューション」としてご提供致します。これは株式会社ヒューマンテクノシステム横浜事業所独自のサービスです。
ASGUIDEサポート体制 ASGUIDEメソッドによる業務再構築(BPR)
日中ITビジネス交流支援
● 西安科技大学との産学連携による中国人IT技術者育成
日中ITビジネス交流支援1 日中ITビジネス交流支援2
・日本語1級レベルのIT技術者トレーニング講座の開設
・インターンシップ、就業支援、帰国就業支援
● 小規模オフショア開発支援
天津卓信ソフトウェア有限公司との業務提携により小規模オフショア開発に向けた新たな取組みを行なっています。
オフショア開発原価押し上げの要因の一つとなっております日本での受入試験を不要にするため、現地に高いスキルの専任者を配置しました。
ISO27001(ISMS)認証取得支援
● ISO27001(ISMS)とは
組織が保有する情報にかかわるさまざまなリスクを適切に管理し、組織の価値向上をもたらすISMSの国際規格です。
情報の機密性(C:Confidentiality)・完全性(I:Integrity)・可用性(A:Availability)の3つをバランスよくマネジメントすることで、 企業は保有する情報資産を有効に活用することができます。

ISO27001(ISMS)審査によるメリット
情報セキュリティを通じて社会や顧客からの信頼向上や社員の意識・モラル向上を実現できるほか、さまざまな効果が期待できます。
  • 情報セキュリティを通じた社会や顧客からの信頼獲得
  • 社員の情報セキュリティ意識・モラルの向上
  • 情報リスクの低減
  • 業務効率の改善や組織体制の強化
  • 継続的な改善による企業価値の向上
  • 海外企業を含む取引要件の達成
  • 企業競争力の強化
  • 法令順守(コンプライアンス)の推進
  • KPI(キーパフォーマンス指標)の管理
  • リスクマネジメント
  • 対象組織:製造、サービスなどあらゆる業種
● 株式会社ヒューマンテクノシステム横浜事業所のISO27001(ISMS)認証取得支援は
  1. ISO27001(ISMS)認証取得までを完全支援
    認証が取得できるまでの全作業についてサポート。
    御社に訪問し、お客様の状況に合ったマネジメントシステム構築を支援致します。
  2. ドキュメント作成の効率化をサポート
    ISO27001(ISMS)を構築し認証を取得するためには、様々なドキュメント作成が必要になります。
    各種ひな型を活用、お客様の既存文書の活用、文書管理の仕組みのシステム化など、運用フェーズも見通した効率的な仕組み構築を支援致します。
  3. 認証取得審査対応をサポート
    審査員資格保有者が本審査前に模擬審査を実施し、問題点を洗い出すと共に本審査対応のノウハウをご提供致します。
  4. 認証取得後の運用フェーズも継続的に支援
    ご希望により、認証取得後の維持・運用にも対応致します。
    経営戦略に沿った有効性のあるマネジメントシステムの運用を継続的に支援します。
IFRS(国際会計基準)適用支援
● IFRS(国際会計基準)とは
IFRS(国際会計基準)とは、国際会計基準審議会(IASB)、およびIASBの前身である国際会計基準委員会(IASC)により設定された会計基準(IASおよびIFRS)、 およびIFRS解釈指針委員会(IFRIC)、およびIFRICの前身である解釈指針委員会(SIC)により発表された解釈指針(SICsおよびIFRICs)の総称です。

このうち会計基準については、財務諸表の作成および表示に関する概念フレームワーク、 IAS第1号からIAS第41号およびIFRS第1号からIFRS第13号(2011年6月時点)までの個別基準書から構成されています。

日本では2010年3月31日以降に終了した事業年度からIFRS(国際会計基準)の任意適用が可能になりました。
現在はアドプション(強制適用)に向けた議論が進められています。
金融庁から発表されたロードマップによると、早ければ2015年から上場企業にIFRSが強制適用される可能性があります。
● IFRS(国際会計基準)適用支援コンサルティング
コンサルティングのポイント
  1. IFRSへの深い理解をサポートするための、社内研修の実施・指導
  2. IFRSと日本基準の差異の洗い出しと影響調査
  3. 調査結果を踏まえてIFRS対応ロードマップ(基本計画表)の作成支援
  4. 各業務領域における個別導入計画を立案をサポート
  5. 自社の会計方針の策定
  6. 関連する業務プロセスの変更支援
  7. IFRSへ対応したシステムの改修・変更支援
  8. IFRS適用にむけたトライアルの実施と改善事項の洗い出し
中小企業向けIT活用支援
● 中小企業向けIT活用支援
株式会社ネット・コミュニケーションズとの業務提携による、 メール&WEBサービス、独自SSLサービス、ホームページ作成など、 中小企業のIT基盤整備の支援を行っております。